草間彌生「無限の網」


今更ながら草間彌生さんの自伝を読む。凄まじい生き様、情熱の塊、芸術が生そのもの。

当時のアーティストとの交流も濃密だ。全てが生々しい!